VOD

【無料視聴する方法あり】ドラマ「透明なゆりかご」3話のあらすじとネタバレ

2021-05-27

 

NHKドラマ”透明なゆりかご”の第3話のあらすじについて書いています。

ネタバレを含みますので、ご了承ください。

 

2話のあらすじから見る場合は以下の記事からどうぞ。

>>【無料視聴方法あり】ドラマ"透明なゆりかご"2話のあらすじとネタバレ

 

 

第3話の登場人物一覧

 

登場人物

出演キャスト

青田 アオイ(主人公)

清原 果耶

院長

瀬戸 康史

望月 紗也子(アオイの先輩)

水川 あさみ

榊 実江(婦長)

原田 美枝子

安部 さおり(今作の主要人物)

田畑智子

町田 真知子(出産を控えた妊婦)

マイコ

 

 

透明なゆりかご3話のあらすじとネタバレ

 

〈第3話 不機嫌な妊婦〉

 

 

アオイはある一人の妊婦を恐れていた。

 

 

さかのぼる事、一週間前。

アオイの大丈夫という言葉にとつぜん噛みつくさおり。さおりは、もうすぐ生産期に入る妊婦さんだ。

「あなた今大丈夫って言ったよね?何が大丈夫なの?」

 

 

怒り口調なさおりに、アオイは戸惑いながらも、「病院が変わって不安だろうなと思ったので、、」と答えた。

 

「国家資格も持ってない見習いのあなたが、なんで大丈夫ってわかるの?!大体なんで見習いに世話されないといけないのよ。

あんたがカップ(検尿のやつ)の名前間違えたらどうするの?それで何かあったらだれが責任取るの?!」

 

さおりは一気にまくしたてた。

 

 

 

そして今に至る。

さおりは、常に不機嫌だった。

 

そんなさおりを、アオイは避けていた。

会うと怒らせてしまうのでなるべく会わないよう、身を潜めていた。しかしそんな努力もむなしく、偶然トイレでさおりと遭遇してしまう。

 

突然トイレから出てきたさおりにびっくりしたアオイは、普段しないようなミスをしてしまった。

回収途中の検尿カップを落としてしまったのだ。

 

そのミスを偶然目撃したさおりは、

「アンタみたいな人がいるから、、!!!!こんな初歩的なミスして恥ずかしいと思わないの!!!」

と怒鳴り、落ちたカップを蹴り上げた。

 

更にあんたに看護婦は無理よ。と吐き捨ててさおりはその場を去る。

アオイはショックでその場に立ち尽くした。

 

 

更にさおりは、妊婦検診で院長からの"母子ともに問題ない"という言葉にも疑いの目をむける。

 

「本当に大丈夫ですか?絶対に?」と疑いの口調で聞くさおりに、

"お産に絶対はないが、問題の兆候は今の段階で一つもない"という院長。

 

「"今の段階で。"ま、そういうしかないですよね。」とさおりはつっかかった。

 

 

ーーーーー

 

アオイは病院実習で、他の病院にいた。

最近の出来事もあって、病院での実習が気分転換になっているアオイは生き生きとしていた。

 

おばあちゃんが病室に戻るのを付き添っていた時、偶然病室の窓からさおりがいるのを見つけてしまう。

座っているさおりの前には、旦那さんがベッドに寝ていた。目には角膜保護の透明テープが張られ、体には管がいっぱいついている。

 

さおりの旦那さんは虫垂炎の手術の際の全身麻酔によって、容態が急変したのだ。

病院側は手を尽くしたが、旦那さんは低酸素脳症で昏睡状態になってしまっていたのだ。

 

急変の理由は医療ミスではない。全身麻酔にはリスクが伴う。同意書も書いた。

でも実際にさっきまで元気だった旦那が急変することに、さおりは納得できなかった。

 

病院側は誰のせいでもないという。ならだれが悪い?私はこの怒りをどこにぶつけたらいい?

さおりは、やり場のない怒りを抱え、その怒りをアオイや院長にぶつけていたのだった。

 

その事実を後に院長から聞いたアオイは、さおりに寄り添おうと決める。

彼女に声をかけたり、小言も素直に受け入れるようになった。

 

 

そんな姿を見ていた望月さんはアオイに、"阿部さん(さおり)の言うことを何でも聞くことが看護じゃないよ"と助言する。

 

アオイは、怒る人の気持ちがわからない。よくわからないから、怒っている人の気持ちをちゃんとわかりたいと答えた。

 

そんなアオイの健気さに、さおりは徐々に少しだけ心を開いていくのだった。

 

 

 

 

3話の感想と見どころ

 

見どころは、やはりさおり役の田畑智子さんの怒る演技ですね。本当にうますぎて見ていてイライラしました。(笑)

眼力でも伝わる迫力ですよ。

 

さおりの旦那さんが麻酔で不慮の事故にあったのは納得できないし、心の整理もつかないし、医師に対して疑いの目を向けてしまう気持ちはわかる気がします。

 

でも、なにも関係のないアオイや院長、周りに怒りをぶつけるのは人としてどうなのかなと思ったので、正直さおりに感情移入はあまりできなかったです。

 

でも私がさおりの気持ちがわからないのは当たり前で、産婦人科はそれだけたくさんのいろんな人が来るところなんだなと思いました。

 

医師や助産師とぶつかる人が当たり前にいる。考えに納得してくれない人がいる。

それでも、産婦人科はいかなる人にも安全にお産することだけを考える。

 

そう考えると、

「阿部さんと仲良くなって入れ込もうとするのは間違ってるし、何でも言うことを聞くことが看護師じゃないから」

と望月さんがアオイに言った言葉がなんか腑に落ちました。

 

 

透明なゆりかご3話はUNEXTで無料視聴できます

 

透明なゆりかごの3話は、UNEXTで無料視聴ができます。

登録してもひと月以内に退会すれば料金かかりません。

 

ご検討されてる人は入会前に以下の記事にて注意点書いてますので、読んでいただけると嬉しいです。

>>U-NEXTの更新日に隠された二重請求の落とし穴を超わかりやすく解説【知らないと損】

(見るだけ見てすぐ退会する予定の人、または退会時に月をまたがない場合は読まなくてもOK)

 

 

>>【無料】UNEXTで透明なゆりかご3話を視聴する

 

 

わかってくれる人ばかりじゃないんだよなあと感じれる回だった

 

改めて、いろんな人がいるんだなあと考えた回でした。

いくら説明しても伝わらない事って世の中にたくさんあるし、そもそもみんな価値観も違うしなあ、、

 

産婦人科って大変だなあ〜としみじみ思った回でした。

 

 

 

-VOD

© 2021 ほくログ Powered by AFFINGER5