人生、生活

失敗しないバイト選びの方法なんてない話【興味で決めてok/リアルを語る】

2021-03-12

困った人

これからバイトをしてみたいけど、ブラック企業だったらどうしよう、、、。

人間関係に悩みたくないし、バイト選びを失敗しない方法があるなら知りたいな、、。

 

 

こんな方向けの記事になってます。

 

新しいバイトをさがすとき、できれば失敗したくないですよね。

 

私自身、17歳からバイトを始めて、現在までに5つのアルバイトを経験しました。社員として就職した経験は3回なので、全て合わせて8か所の職場を経験しています。

 

こう見るとなんかすぐ辞めちゃう人と思われそうですが、実際すぐにやめたバイトもありますので、否定はできません(笑)

 

この記事を読むメリット

  • バイト選びを失敗しない方法がなぜないのかがわかる
  • 結局どうやってバイトを選ぶのが1番いいのかがわかる
  • バイト探しに対して前向きになれる

 

 

 

失敗しないバイト選びの方法は、ありません

 

悲しいことに、これが事実です。

 

バイト紹介ページは、良いことしか書きません

バイト紹介ページに載っている会社は人材不足のため、一人でも多く興味を持ってもらいその中からよりいい人材を選びたいと思ってます。

 

会社に興味を持ってもらいたいので、基本的にはポジティブなことしか書かれていません。

この時点で、仕事の良し悪しを判断するのは無理です。

 

 

バイトを始めてみると、何を選んでも一度は失敗したかなと感じます

 

 

ちょっと厳しい現実ですが、新人として入ると受け入れる側は以下の種類の人に分かれます。

 

  • 純粋に歓迎してくれる人
  • 表面上歓迎してくれる人
  • あまりよく思わない人
  • 関心がない人

に分かれると思います。

いろんな人がいるので、これは仕方ありません。

 

そして仕事に慣れるまでは、必ず失敗します。容量がつかめず、テンぱったり、追い打ちをかけるように先輩や店長から注意されることもあるでしょう。

ここで、私にはここは合わないかも、、って多分ちょっと辞めたくなります。

しかしよく考えると初めてなので容量をつかめないのは当たり前です。

 

皆すでにそこで働いている先輩や店長もその過程を得ているので、それは合わないのではなく慣れていないだけです。

 

 

人間関係の良し悪しを事前に判断する方法

 

バイト選びを失敗しない方法はないと冒頭に述べましたが、人間関係がいい職場かどうかを事前に確かめる方法はあります。

あくまでその可能性が高いという話ですが。

 

人間関係の良し悪しは、続けていく上で一番といってていいほど重要です。

 

店長などのトップの人柄によって店全体の雰囲気や人間関係が決まるといっても過言ではないので、

面接時に店長が対応する場合はその人を失礼にならない程度に観察してみるといいですよ。

 

話し方がなんかとげとげしかったり、反対に優しそうだったり、表情だったり、できるだけ色々見てみましょう。

 

とは言っても、緊張して話す事で精一杯かなと思いますし、周りを見る余裕もあまりないですよね。

 

あとは面接が決まったら、面接する前に一度その職場へ偵察に行ってみるのもいいです。

面接して合格もらった後だとちょっと気まずいので、もしやるなら顔を知られる前にやるといいですよ。

飲食とかだったらそこでちょっとくつろぎつつ、仕事の流れとか定員同士仲良さそうかとか、誰か怒られてないかとか、見てみると安心すると思います。

 

 

 

自分に合う職種かわからなくて不安な場合はとりあえずやってみよう

なぜなら、働いてみないと何が自分に合っているのかはわからないからです。

それにそうやって悩む時点で、その仕事に興味があるということです。

 

好きこそものの何とかとはよく言いますが、その言葉通り、興味や関心は自分を成長させます。

 

多少体力がしんどいな、、と思ったとき、それが自分が好きな仕事か嫌いな仕事かで、しんどさも全然違います。

 

 

 

デメリットを考えすぎると、バイト探しの手が止まります

 

「〇〇(バイト先) 評判」であらかじめ検索するのもいいんですが、ぶっちゃけ参考程度にしかなりません。

店舗によって人間関係などはだいぶ違うからです。

 

仮にそこの評判で良くないことが書いてあったとしても、どこの店舗の話か分かりませんし、自分がその店舗で勤務するかどうかもわかりません。

 

あ、Googleで「〇〇店〇〇駅前店」でピンポイントに調べてみるのは、いいかもしれません。

 

でも毎回それをやっていると、絶対疲れちゃいますし、今日はバイト探すのやめよになりがちです。

 

どんな会社も、いい評判だけというのはあり得ません。

 

デメリットを探すことを目的にしないように、ほどほどにしておきましょう。

 

 

 

バイトは興味で決めて、OKです

 

困った人

結局どうやってバイトは選べばいいの?

 

こういわれそうですが、結論「興味ある仕事」で選べばOKです。

交通の利便性と時給は人間無意識レベルに確認してますので(経験談より)、結局何をやってみたいかが大切です。

 

 

辛かったら勿論辞めてもいい

 

働いてみて、どうしても自分には合わない、精神的につらいと思うのであれば無理する必要はありません。

 

 

余談:私の職場体験記【飛ばしてもOK】

 

今までの私のアルバイト経験談をざっくり書いて、体験談にもとづく難易度もお教えします。

多少偏見や主観もありますが、参考になれば幸いです。

 

①ファーストフード店

②ファミレス

③古着屋

④輸入食材店

⑤軽作業バイト

 

 

①ファーストフード店【難易度

初アルバイトにあこがれ期待に胸躍らせ入社したファーストフード店は、ゴキブリが散乱、シェイクに虫が入りクレーム、店長が社員らしい人の胸ぐらをつかんで脅す場面に遭遇するなどのブラック会社でした。

 

今でも忘れないのが、真夏の炎天下にひたすらチラシ配りを汗だくになりながらしていた時に、店長から汗を拭くなと怒られました。

理不尽という言葉を初めて経験した17の夏でした。10日で辞めました。

 

10日なので、内部の業務は正直あまりわかりませんすいません。

一度覚えてしまえばあとは体が慣れると思いますが、体力の消耗がすごいです。レジ前はよく混むので、スピードも大切です。

衛生面が悪いところは、おすすめしません。

 

 

②ファミレス【難易度]

発祥が名古屋で、スイーツとか飲み物とかハンバーガーがでかい有名店です。カフェ兼ファミレスみたいな感じでした。

 

当時わたしが入ったときは、周りのスタッフに平成生まれが一人もいなかったので驚かれたものです(遠い目)

 

業務がきっちり決まっていたので、高校生の私でもすぐに覚えられましたし、スピードもついていけました。

みんな年が近かったので、仲も良かったです。バイトが初めての人にもおすすめです。

 

③古着屋【難易度

 

私の場合ですが、今まで務めた中で一番人間関係に恵まれていました。

労働量に対して人員が十分いたので、みんな余裕が持てていい人間関係が生まれたのかなと思われます。

そこでは、古着の買い取りや販売がメインでした。

 

労働量も多かったですが、作業自体は覚えてしまえばそこまで難しいものではなかったです。

 

めちゃくちゃ難しいとかはないけど、肉体労働も意外と多めでしたので、体力ある人がおすすめです。

ほこりが舞うので、ハウスダストなどのアレ

ルギー体質に人には不向きかと思います。

 

 

④輸入食材店【難易度

 

大体の駅ビルに入っているコーヒー豆売ってる有名店です。

当時は古着屋と掛け持ちしていました。

私が経験したバイトの中では一番ハードでした。

そこでは、きっちりと時間単位で仕事がふられ、体力とスピードが重要です。

 

コーヒーサービスも、品出しも、レジも比較的込み合うので自分のペースで仕事をするとほかに迷惑が掛かってしまいます。

若い子は覚えが早いしどうせやれば体で覚えますので、とにかく体力とスピードに自信がある人におすすめです。

初めてだとちょっと難易度高いかもです。

 

 

 

 

⑤軽作業バイト【難易度

工場で肉をひたすら詰めたり、またある日は野菜をひたすら切ったり。軽作業だったので、変な話何も考えなくてもできます。

ここにやりがいはあまりないです。お金目的と割り切るならOK。

 

 

※軽作業バイトは工場ワークス で探せます。

ページに飛んでちょっとスクロールしたら、下の画像の赤枠からいろんな軽作業バイトが見られます。

軽作業バイト 探し方

 

失敗しないバイト選びはありませんが、何を選んでも成長できます

 

始めたバイトが自分に合っても合わなくても、仕事の経験値は確実に上がり、ご自分の人間レベルもアップします。

とりあえず怖がらず色々やってみてください。

 

ちょっと厳しい事も書きましたが、それ以上に楽しいこともたくさん待ってますよ。

 

 

-人生、生活

© 2021 ほくログ Powered by AFFINGER5