メンタル

【当事者が語る】八方美人はやっぱり程々にしたほうがいい話

 

困った人

自分て八方美人かも…。

やっぱり治したほうがいいのかな?

 

 

 

 

突然ですが、私は八方美人です。(美人ではありません)

 

人からよく思われたい気持ちが強いですし、上司の前はもちろん、後輩にもいい顔しいです。

 

忙しい時に仕事任されたら多分断れませんし、多分職場では大抵"そうだね"って肯定してると思う。

 

 

因みに八方美人とはこんな意味です。

誰からも悪く思われないように、容量よく人と付き合ってゆく人。

Googleより

つまり、

嫌われないように四方八方に愛想よくする人の事です。

 

 

名前の通りあまりいい意味ではないし、ネットみても"八方美人    嫌い"とか"八方美人 うざい"とかたくさん出てきます。

 

でもさ単純に程度の問題で、人からよく思われたい感情は割と誰でもあるし当たり前の感情だと思うんですね。

 

1人に対しては、八方美人ではなくただの"気を遣える人"。

複数人に対して気を使いすぎる、度を越したその先が八方美人ってだけです。

 

 

しかし、別に八方美人を嫌いな人が多いから嫌いな人の為にやめとけというわけではないですが、やはり度を越すと身を滅ぼす可能性があります。

 

周りの為ではなく、自分のためにほどほどにすべき話を八方美人である当事者の目線からお話したいと思います。

 

 

 

八方美人はデメリットが多い

 

 

程々に空気読む程度なら世渡りする上で必要でもありますが、度を越して八方美人になってしまうと軸ブレブレのイエスマン状態なのでつまらない人間になります。

 

一度、あれ…?この人こないだと言ってたことが違う…と思われれば信用も無くすし、この人何考えてるんだろ…って当たり障りない話しかされなくなります。

 

怖いのは、自分でも線引きが分からず気がついた時にはすでにゴリゴリの八方美人だったという場合です。さらに、大抵の場合は自分の現状にさえ気がつかないことも多いです。

 

そしてだんだんと自分の本音さえ分からなくなり、下手すると病みます。

 

周りからも、この人にはなにを言っても怒らないと思われ、最悪の場合利用されたり騙されたりする可能性もあります。

騙されることや利用される事に関しては、普通に騙す方が問題なので責任転嫁される筋合いはないですけど、被害に巻き込まれる確率は上がります。

 

 

 

なぜ人は八方美人になってしまうのか

 

 

考えてみました。

 

相手の意見を覆してまで自分の意見を言う必要性を考えてしまう

 

自分の意見は決してないわけではないですが、仮に相手の意見と違った場合、いや、自分はこう思うよとわざわざ言う必要性をすごく考えてしまうんですよね。

 

結論を突き詰めたいわけじゃなく話をしたいだけの人も多いじゃないですか。

 

しかも認めてもらいたいから話す人もいるじゃないですか。

 

付き合い長い友達ならまあ多分普通に思った事言えますけど、付き合い浅い友達とか職場の人の距離感て、非常に曖昧なんですよね。

 

 

というか職場だと世間話とか話す内容も基本浅いので、言ったその先の雲行きが怪しくなる可能性があることは極力言いたくないな、と思ってしまいます。

 

過去に何か言ってしまって揉めたり問題がおきた経験がある人ならなおさらこの気持ちが強いと思います。

 

色々可能性について考えているとキリがなくなって、結局余計なことはいわないどこってなります。

 

 

自分の意見と違う人に対してすぐ苛立ったり感情的になる人が一定数存在する

 

 

こちらに関しては、確かに世の中に一定数存在します。

 

とは言っても自分の意見と違うなんておかしい!的な気持ち自体はわからないでもないです。

 

おかしいまではいかないけど、例えば私が言ったことに対して「え?それおかしくない?」って言われたら、「え?なに?違うの?」みたく胸がザワザワする事はあります。

 

その気持ち自体は多分誰にもあると思うのでいいんですけど、「それは違う」と言われたことに対して苛立ちや感情が抑えきれない人が苦手、という話なんです。

 

仮に対立したとしてこちらは論破するつもりは毛頭ないですし(できないですし)それがきっかけで気まづくなってしまったり、拍車がかかって嫌われてしまったり、人間関係に影響がでるパターンもざらだと思うんですよ。

 

基本的に人間関係に悩まされるのが1番のストレスなので、そんな事に時間を無償で割きたくないです。

 

ならかかわらなきゃいいじゃんと思われるかもしれませんが、職場だと人間関係は選べませんし、転職してもこういう方とは言わずとも自分と相性が悪い人は必ず出会います。

 

なので自分が肯定して丸く収まるならその方がずっといいかな、と常に無難になりがちです。

 

 

接客でのクレーム対応がしみつき日常生活にまで影響を及ぼしている

 

クレーム対応してる時って理不尽とかだとつらいですよね。

 

クレーム言う人の熱が覚めるまでひたすらはい、はい、そうですよね、失礼しました、そうですよねって言い続けるじゃないですか。

 

回数こなすと麻痺してくるのか、肯定してあげると楽だなって思ってくるんですよね。

こっちも自分をちゃんと守らないと病んでしまいますからね。

 

それが仕事や実生活などの身の回りに影響してくるパターンです。

 

 

 

 

八方美人傾向な人の特徴

 

偏見もあります。また、何個当てはまるから八方美人、とかそういう意味ではないのでご了承下さい。

 

 

あまり否定的な言葉は使いたくない

 

自分が悪口言われたくないのもありますが、誰かの悪口とかネガティブな会話は基本避けます。

 

言葉にすると誇張されたり間違った形で本人に伝わってしまう可能性があるからです。

そこでこじれると人間関係や仕事に影響が出てしまいます。

 

 

自分の発言に違和感を感じている

 

自分の本音を隠すあまり、建前と本音が混同してきているためです。

 

違和感を感じたら言葉にして吐き出さないと、自分の本音がわからなくなり人と関わるのが嫌になってしまいます。

ここでいう"違和感"に関して詳しくは後述してます。

 

 

選択を迫られる場面では割と意見を言える

 

八方美人はよく思われたいのがベースとしてあるので、

 

例えば遊ぶ計画をしていてどこにいく?とか

一緒にご飯に行った時に何を頼む?とか選択を求められる場面だと、割と決める側になることも多いです。

 

 

話す内容のほとんどは実は割とどうでもいいと思ってる

 

軸がぶれる根源がここにあるのかなあと思ってます。

 

 

 

自己肯定感の低さ

 

いつもどこかに"認められたい"という気持ちがあります。

基本的にあまり自信がないので、承認欲求を満たしたいと思っています。

 

 

 

 

本音と建前が混ざると本当に自分を見失います

 

私が八方美人と自分で気がついたきっかけをちょっと話します。

 

私は前々からちょっとお人好しではありましたが、アラサーになったぐらいからなんとなくお人好しに拍車がかかった自覚はありました。

 

あと周りの結婚シーズンでもあり、友達と遊ぶ回数も劇的に減っている時期でもありました。

 

本音で語る友達との時間がなくなり、建前が多めの職場での時間が増えました。だって別に職場って友達みたいに仲良くするとこじゃないし仕事中に本音で語り合うとかあまりないじゃないですか。

(仕事自体はやりがいありましたしとても好きでした。)

 

飲みとかあればまた違うんでしょうけど、あまりそういうのはなく。

 

るとしばらくして、自分の発言に違和感を抱くようになってきたんですよ。

自分の発言全てに「」がついてるような違和感です。

 

発言はしてみるんですけど、頭の中で「あれ?この発言なんかもやもやするな…ほんとにこれ私の考えなのかな?」みたいな。

 

で、職場だけでなく家でも夫に対しても同じようになっちゃったんですね。

 

話してみても自分の発言に違和感ばっかで、なんだか話すのが嫌になってしまってました。

 

で、何が辛かったのかって、この時の気持ちを言語化できなかったことです。ひたすらもやもや。なにに対してもやもやするのかさえわからなかったです。

なんせ今までも本音は心に隠す事が多かったので。

 

そんな日がしばらく続いた時に夫から、なんか最近ブレブレだねって言われたんですよ。

 

そん時に、確かに!私ブレてんのか。八方美人だったのかって思ったんですよ。

 

初めて、自分の発言に違和感があるという事実に気がついたんです。

建前と本音が完全に混同して自分を見失いかけていたんですね。

 

その出来事がきっかけで違和感の気持ちを言葉にして夫に相談することができました。

 

きちんと言葉にした事で現状を受け入れることができ、めちゃくちゃスッキリしたのを覚えています。

 

解決というか、現状を変える第一歩目みたいな方法ではあります。

 

やっぱり今まで長い間八方美人やってきたんで簡単に変えることはできませんが、まずはこの現状を俯瞰することからかなと思ってます。

 

 

大切な友人が亡くなったのも重なり、ちょっと自分を見直した

 

ちょうど同じくらいの時期に、大切な友人が亡くなりました。

私よりも2回りくらい年上の方だったんですけど、私が初めて正社員として入社した会社の同期の方で、すごく仲良くさせてもらってました。

 

仕事をお互い転職してからは、なかなか会えない日々でしたが私にとって大切な人に変わりはなく、いつかまた会えるだろうと安易な考えでした。

 

 

 

その方の遺書を見せてもらう機会があったんですが、

私はやりたいことは全てやりました。なにも悔やむことはありません。

 

と書いてありました。

 

その手紙に私は胸が締め付けられました。

 

 

人の命は有限であることを再認識したのと、自分が旅立つときにもそう言える人生を私もちゃんと送らないとなって思ったんですよね。

 

 

 

ちゃんと本音は出した方が人生はより楽しい

 

 

私は八方美人スキルって悪いとこだけでなく良いところも普通にあると思ってます。

 

自分でちゃんと自分の機嫌取れるとことか

相手を尊重できるとことか。

 

でも、やっぱりちゃんと自分を保てないと私のように自分の首を絞めてしまうことにもなりかねません。

 

本音はやはり出した方が圧倒的に生きやすくなります。

 

すぐに変えることは難しくても、本音が言えた時の胸がスッとする気持ちは大切にしておきましょう。

 

 

 

 

-メンタル

© 2020 ほくログ Powered by AFFINGER5